税理士・公認会計士を滋賀・大阪で探すなら、
滋賀県大津市・大阪市北区梅田のOMI税理士法人へ

お問い合せ・ご相談はこちら
OMI税理士法人
税務小六法

会社設立関係

消費税のメリット

消費税は、モノやサービスを買うときにかかる5%分ですが、これは私たち最終消費者が日常生活でモノを買うときに負担する税金です。
要は、事業としてモノを売っている業者さんは、我々が払った消費税を預かって、替わりに国・地方自治体に納付しているわけです。

この消費税ですが、売上が1000万円以下の事業主・会社は消費税の納税が免除されます。
つまり、我々が支払った国・地方に納付されるはずの消費税はまるまる事業主・会社の売上になっているのです。
この免税事業者の基準は売上高1,000万円以下が条件ですが、1,000万円を超えたかどうかの判定は2期前の売上で判定します。
つまり、今年の売上が1,600万円でも、2期前の売上が900万円なら今年は免税事業者となり、逆に今年の売上が900万円でも、2期前の売上が1,600万円なら今年は消費税を納付しないといけません。

よって、新規に事業を始めた場合や会社を設立した初年度は、2期前の売上はゼロ円となるため、開業・設立後2期間は消費税の免税事業者となります。
これを法人成りするタイミングに当てはめると、開業年度に売上が1,000万円を超える事業主は、開業2期後に法人成りすれば、法人化した2期間は消費税が免除されるため、通算すると、開業後4期間は消費税の納税を免除されるわけです。

ただし、平成23年度税制改正により、平成25年1月1日以後に開始する事業年度(個人の場合は年)については、前期(前年)の上半期の課税売上高及び支払給与総額が1,000万円を超えるときは、2期(年)前の課税売上高が年間1,000万円以下であっても課税事業者となります。
よって、新設法人や新規開業の個人事業者の場合、第2期目(2年目)から課税事業者となる場合があります。

ページトップへ

お問い合せ・ご相談はこちら
お問い合せ・ご相談はこちら

事務所案内

事務所アクセス



サービス内容

専門サイト

税理士変更

ご対応可能エリア

滋賀県全域

大津市、草津市、守山市、栗東市、野洲市、甲賀市、湖南市、近江八幡市、東近江市、日野町、竜王町、彦根市、愛荘町、甲良町、多賀町、豊郷町、米原市、長浜市、高島市

京都府全域

京都市、宇治市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市等

大阪府全域

大阪市、高槻市、茨木市、摂津市、吹田市、豊中市、枚方市、寝屋川市、池田市、箕面市、守口市、枚方市、交野市、寝屋川市、門真市、大東市、東大阪市、八尾市、堺市等

兵庫県全域

尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市等
PAGE TOP

OMI税理士法人

ページトップへ