税理士・公認会計士を滋賀・大阪で探すなら、
滋賀県大津市・大阪市北区梅田のOMI税理士法人へ

お問い合せ・ご相談はこちら
OMI税理士法人
税務小六法

相続税関係

相続税の総額

注)当コラムは平成27年改正前の税制に基づいています


相続人それぞれの課税価格の合計より基礎控除額を控除して、課税遺産総額が決まれば実際にどのように遺産分割されたかに関係なく、法定相続人が法定相続分(2分の1・3分の1・4分の1)に応じて課税遺産総額を相続したものとして、それぞれの相続人の法定相続分の取得財産の金額を計算し、これに税率(速算表参照)をかけて各相続人の金額を計算し、これに税率をかけて、各相続人の金額を計算し、相続税の総額を決定します。

相続税の速算表は以下の通りです。
この表は非常に重要であり、相続税のキモとなりますのでだいたいの税率を覚えておくことをおすすめします。

<相続税の速算表>

法定相続分の取得財産※ 税率 控除額
~1,000万円以下 10%
1,000万円超~3,000万円以下 15% 50万円
3,000万円超~5,000万円以下 20% 200万円
5,000万円超~1億円以下 30% 700万円
1億円超~3億円以下 40% 1,700万円
3億円超~ 50% 4,700万円

※遺産に係る基礎控除額(5,000万円+1,000万×法定相続人の数)控除後


速算表からわかるとおり、法定相続分の所得財産が3億円超の場合、税率は50%(控除が4,700万円)となっています。
つまり、大金持ちの家で相続があった場合、財産の半分近くが税金としてもっていかれるということを示しています。

支払うべき相続税の総額は、実際の遺産分割とは関係なく、それぞれの相続人の法定相続分の取得財産の金額の10%~50%弱の範囲で決定されます。

ページトップへ

お問い合せ・ご相談はこちら
お問い合せ・ご相談はこちら

事務所案内

事務所アクセス



サービス内容

専門サイト

税理士変更

ご対応可能エリア

滋賀県全域

大津市、草津市、守山市、栗東市、野洲市、甲賀市、湖南市、近江八幡市、東近江市、日野町、竜王町、彦根市、愛荘町、甲良町、多賀町、豊郷町、米原市、長浜市、高島市

京都府全域

京都市、宇治市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市等

大阪府全域

大阪市、高槻市、茨木市、摂津市、吹田市、豊中市、枚方市、寝屋川市、池田市、箕面市、守口市、枚方市、交野市、寝屋川市、門真市、大東市、東大阪市、八尾市、堺市等

兵庫県全域

尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市等
PAGE TOP

OMI税理士法人

ページトップへ