税理士・公認会計士を滋賀・大阪で探すなら、
滋賀県大津市・大阪市北区梅田のOMI税理士法人へ

お問い合せ・ご相談はこちら
OMI税理士法人
税務小六法

相続税関係

贈与税の配偶者控除

贈与税の配偶者控除とは、 婚姻生活が20年以上の夫婦間で居住用の不動産またはその取得資金の贈与が行われた場合
一定の条件を満たしていれば、最高2,000万円まで贈与税がかからないというものです。
夫婦は、長年の間にわたって互いに力を合わせて財産を築きあげてきたということに配慮した制度であり、以下の2つの場合のみ配偶者控除を利用できます。

・居住用の不動産を贈与する場合
・居住用の不動産を購入するための資金を贈与する場合

なお、最高2,000万円の配偶者控除を受けようとする場合には、以下の条件を満たしておく必要があります。

1.婚姻後20年以上経過している
2.贈与のあった翌年の3月15日現在で、贈与された不動産に居住している
3.購入資金を贈与した場合は、贈与のあった翌年の3月15日現在で、不動産を購入し居住している
4.過去に配偶者控除の適用がない(配偶者控除が適用できるのは一生に一度きりです)
5.贈与のあった翌年の3月15日までに以下の書類を税務署に提出している

・贈与税の申告書
・戸籍謄本(贈与後10日以降に作成されたもの)
・戸籍附票の写し(贈与後10日以降に作成されたもの)
・贈与された不動産の登記事項証明書

上記のとおり、結婚20年以上の夫婦間で、居住用の不動産の贈与があった場合、一定要件を満たすことで最高2,000万円までの配偶者控除をうけることができます。

ページトップへ

お問い合せ・ご相談はこちら
お問い合せ・ご相談はこちら

事務所案内

事務所アクセス



サービス内容

専門サイト

税理士変更

ご対応可能エリア

滋賀県全域

大津市、草津市、守山市、栗東市、野洲市、甲賀市、湖南市、近江八幡市、東近江市、日野町、竜王町、彦根市、愛荘町、甲良町、多賀町、豊郷町、米原市、長浜市、高島市

京都府全域

京都市、宇治市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市等

大阪府全域

大阪市、高槻市、茨木市、摂津市、吹田市、豊中市、枚方市、寝屋川市、池田市、箕面市、守口市、枚方市、交野市、寝屋川市、門真市、大東市、東大阪市、八尾市、堺市等

兵庫県全域

尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市等
PAGE TOP

OMI税理士法人

ページトップへ