税理士・公認会計士を滋賀・大阪で探すなら、
滋賀県大津市・大阪市北区梅田のOMI税理士法人へ

お問い合せ・ご相談はこちら
OMI税理士法人
税務小六法

相続税関係

贈与税の計算

【贈与税の基礎控除】

贈与税には110万円の基礎控除があります。
つまり、その年に贈与によって取得した財産から110万円を差し引いた金額に対して贈与税がかかってきます。

【贈与税の計算方法】

贈与税の計算方法は、ややこしい相続税の計算とは異なりとても簡単です。
取得財産から基礎控除を差し引いて課税価格を計算し、その課税価格を以下の速算表を用いて計算します。

なお、平成27年から、贈与税の税率が特別税率と一般税率の2パターンになりました。
①特定贈与財産・・・20歳以上の者が直系尊属(両親、祖父母、曾祖父母)から贈与を受けた場合
②一般贈与財産・・・「特例贈与財産用」に該当しない贈与。例えば、兄弟間の贈与、夫婦間の贈与、親から子への贈与で子が未成年者の場合など

★贈与税の速算表 ①特定贈与財産の贈与
基礎控除額(110万円)控除後の課税価格 税率 控除額
~200万円以下 10% -
200万円超~400万円以下 15% 10万円
400万円超~600万円以下 20% 30万円
600万円超~1,000万円以下 30% 90万円
1,000万円超~1,500万円以下 40% 190万円
1,500万円超~3,000万円以下 45% 265万円
3,000万円超~4,500万円以下 50% 415万円
4,500万円超~ 55% 640万円
★贈与税の速算表 ②一般贈与財産の贈与
基礎控除額(110万円)控除後の課税価格 税率 控除額
~200万円以下 10% -
200万円超~300万円以下 15% 10万円
300万円超~400万円以下 20% 25万円
400万円超~600万円以下 30% 65万円
600万円超~1,000万円以下 40% 125万円
1,000万円超~1,500万円以下 45% 175万円
1,500万円超~3,000万円以下 50% 250万円
3,000万円超~ 55% 400万円
<例>
親から子へ600万円を贈与した場合

課税価格 = 600万円 - 110万円 =490万円
税額 = 490万円 × 20% − 30万円 = 68万円

となり、68万円の贈与税を支払うことになります。

【贈与税の計算は1年に1回】

贈与税の計算は、暦年課税といい、その年に贈与によって取得した財産をベースに1年に1度申告します。
暦年課税ということを利用した一般的な贈与税の節税方法に以下のようなものがあります。

<例>
親から子へ1,500万円を贈与する場合

◆方法A 1,500万円を一度に贈与する

課税価格 = 1,500万円 - 110万円 =1,390万円
税額合計 = 1,390万円 × 40% − 190万円 = 366万円

◆方法B 1,500万円を3年にわけて毎年500万ずつ贈与する

年間の課税価格 = 500万円 - 110万円 =390万円
年間の税額 = 390万円 × 15% − 10万円 = 48.5万円
税額合計 = 48.5万円 × 3年分 = 145.5万円

◆方法C 1,500万円を5年にわけて毎年300万ずつ贈与する

年間の課税価格 = 300万円 - 110万円 =190万円
年間の税額 = 190万円 × 10% = 19万円
税額合計 = 19万円 × 5年分 = 95万円

贈与税の支払額は、方法A:366万円、方法B:145.5万円、方法C:95万円となり、財産を毎年分割して贈与した方が贈与税は少なくなります。

上記のように、贈与税の計算は、贈与によって取得した財産から110万円の基礎控除を差し引いて、速算表に当てはめるだけで求められます。
また、贈与額は分割した方が贈与税は少なくなります。

ページトップへ

お問い合せ・ご相談はこちら
お問い合せ・ご相談はこちら

事務所案内

事務所アクセス



サービス内容

専門サイト

税理士変更

ご対応可能エリア

滋賀県全域

大津市、草津市、守山市、栗東市、野洲市、甲賀市、湖南市、近江八幡市、東近江市、日野町、竜王町、彦根市、愛荘町、甲良町、多賀町、豊郷町、米原市、長浜市、高島市

京都府全域

京都市、宇治市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市等

大阪府全域

大阪市、高槻市、茨木市、摂津市、吹田市、豊中市、枚方市、寝屋川市、池田市、箕面市、守口市、枚方市、交野市、寝屋川市、門真市、大東市、東大阪市、八尾市、堺市等

兵庫県全域

尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市等
PAGE TOP

OMI税理士法人

ページトップへ